バイオアソシエイツ株式会社について

ライフサイエンスおよびバイオビジネスのためのマーケティングソリューションを提供します。

バイオアソシエイツ株式会社はライフサイエンス事業に特化したマーケティングソリューション(コンサルティング/ポータルサイト運営/市場動向調査/プロモーション支援)を提供するマーケティングエージェンシーです。


社名 バイオアソシエイツ株式会社
所在地 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
代表番号 03-6205-3311
会社設立 平成18年11月17日
資本金 10,000,000円
代表取締役 小畑 義充
当会社は次の事業を営むことを目的とする
  1. 生命科学・先端医療領域における技術経営コンサルティングならびに市場調査
  2. 生命科学・先端医療領域における製品企画、製造、販売等の業務提携の仲介
  3. 生命科学・先端医療領域における機器、試薬、ソフトウェア等の輸出入
  4. 知的財産権の取得およびその管理運用ならびに出願に関するコンサルティング
  5. 投資事業組合財産の運用および管理ならびに投資事業組合財産持分の募集
  6. 有価証券の取得、投資、保有および運用
  7. インターネットによる情報サービス業務
  8. 広告代理店業務
  9. 各種イベントの企画、制作、実施
  10. 出版物および電子出版物の企画、デザイン、編集、印刷、制作、発行及び販売
  11. 前各号に附帯関連する一切の事業


小畑 義充 【代表・ビジネスプロデューサー】  View Yoshimitsu Obata's profile on LinkedIn

Applied Biosystems Inc.(現 Thermo Fisher Scientific Inc.)の日本法人に13年勤務し、遺伝子解析システム、タンパク質解析システムなど、数々の各種バイオ研究支援ツールのグローバルマーケティングプロジェクトを経験の後、2003年にバイオアソシエイツ社を設立。バイオビジネス領域専門のマーケティング会社として、国内外を問わず広くクライアントの事業コンサルティング・市場調査・マーケティングコミュニケーション支援に携わっている。
また2004年より経済産業省 大学発ベンチャー経営等支援事業専門家、2005年より香川県 糖質バイオクラスター形成事業 科学技術コーディネーター、2007年よりNEDO技術経営アドバイザー、2008年よりJETRO RIT事業 海外出張調査専門家など、公職も多数兼務した経験を有する。

大橋 俊規 【ビジネスプロデューサー】

(株)SRLにて新しい分析手法の導入や研究などに従事し、その後ベックマン(現ベックマン・コールター社)・ファルマシア社(現ビアコア社など)で、臨床検査システム・バイオセンサー技術の導入などをマネージメントレベルで担当。
その後、プロテオミクスを世に問うた豪州プロテオーム・システムズ社の日本法人(伊藤忠商事との合弁事業)代表取締役就任。久留米トランスレーショナルリサーチセンターの設計・開設を担当する。
2004年以降、ライフサイエンスの臨床分野への応用・発展に数多く関わり、現在、日・米・豪のバイオ・ライフサイエンス関連メーカーの経営アドバイザーとして活動中。

染原 俊朗 【国際事業開発ディレクター】

京都大学工学部化学工学科を卒業後、島津製作所に入社し分析機器の開発に従事。その後、世界で初めて「プロテオーム」というアイデアと命名を行った Proteome Systems 社にて、肺線維症、早老症、卵巣がんの治療マーカー、肺結核の迅速診断などに功績のある研究をサポート。一方でバイオインフォマティックス・プラットフォーム製品の開発と販売、その他バイオテクノロジー関連の製品開発と消耗品開発の経験も有する。SRI(旧 Stanford Research Institute)においては、日本市場 Director として、医薬品のライセンシングや臨床開発技術の開発や販売をおこなう。ライフサイエンス分野のbusiness developmentにおいて18年の経験を有する。

大海 忍 【科学顧問】

元・東京大学医科学研究所 疾患プロテオミクスラボラトリ 准教授。主な著書に「抗ペプチド抗体実験プロトコール(秀潤社)」「細胞工学連載:ラボラトリーひとくちメモ(秀潤社)」「抗ペプチド抗体ベーシック 立体構造情報から抗原を設計する(細胞工学 別冊)」などがある。
2015年よりバイオアソシエイツ株式会社の科学顧問就任。バイオマーケットjpの人気コンテンツ「抗体よもやま話」を執筆すると共に、豊富な経験に基づく技術アドバイザリー業務を行っている。

蒔田 せい子 【クリエイティブサービス】

英科学誌Natureの日本法人(NPGネイチャーアジアパシフィック)にて、紙媒体からデジタル媒体までライフサイエンス等に関連した数多くのマーケティングツールの制作に携わる。洗練されたデザインと高い訴求効果を絶えず追求し、ビジネス効果のあるマーケティングツールの創出に日々挑戦している。創形美術学校ビジュアルデザイン科卒。

Michael D. O’Neill 【サイエンスライター/BioQuickニュース編集長】

サイエンスライターおよび独立系科学メディアBioQuick News編集長。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010/2011/2012年に米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞した。サイエンスライターとして豊富な実績を有し、Applied Biosystems社のBioBeat Online Magazineに代表されるライフサイエンス・メディカル領域のサイエンスライティングを得意としている。デューク大学/免疫·微生物学 修士号取得。

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失