websearch

切り抜き詳細

発行日時
2018-1-30 10:30
見出し
食欲制御は脳神経細胞の一次繊毛でのシグナル伝達に依存と判明
リンクURL
食欲制御は脳神経細胞の一次繊毛でのシグナル伝達に依存と判明への外部リンク食欲制御は脳神経細胞の一次繊毛でのシグナル伝達に依存と判明への外部リンク
記事詳細
University of California-San Francisco (UCSF) の研究チームは、脳が体重を調節する能力は、脳の「飢餓回路」が神経細胞の一次繊毛と呼ばれるアンテナ状の構造物を通して信号を伝達する、その独特の形態によるものであることを突き止めた。一次繊毛は、運動繊毛とは異なる器官で、後者は指のような突起物で細胞のコンベヤー・ベルトのような働きをしており、肺や気管のゴミを排出する機能を持っている。不動性の一次繊毛は、虫垂のように進化の痕跡のようなものと考えられたこともあったが、過去10年、UCSFその他の研究機関の研究で、この一次繊毛が身体の様々な種類のホルモン信号伝達に


バイオアソシエイツ株式会社ではライフサイエンス系ラボにおける「研究費の調達動向」および「各種バイオ 研究支援ツール(55 の製品カテゴリ)に対する導入意欲」について統計データをまとめました。

国内ライフサイエンス研究市場の最新動向をより深く理解するために必見の情報です。

詳細は調査概要(PDF)をダウンロードしてご確認ください。

お申し込み・お問合せはこちらから