websearch

切り抜き詳細

発行日時
2018-2-6 10:40
見出し
ヤツメウナギの脊髄治癒を助ける遺伝子が人間にも存在。カギ握るWnt経路。
リンクURL
ヤツメウナギの脊髄治癒を助ける遺伝子が人間にも存在。カギ握るWnt経路。への外部リンクヤツメウナギの脊髄治癒を助ける遺伝子が人間にも存在。カギ握るWnt経路。への外部リンク
記事詳細
マサチューセッツ州Woods HoleのMarine Biological Laboratory (MBL) 他の研究機関の共同グループの研究によると、ヤツメウナギの脊髄損傷自然治癒にかかわっている遺伝子の多くが哺乳動物の末梢神経系の修復でも大きく関わっている。このことから、長期的に見れば、人間の脊髄損傷治療法向上のために同じ遺伝子を利用できるようになる可能性がある。 2018年1月15日付Scientific Reportsオンライン版に掲載された研究の著者の一人であり、MBL, Eugene Bell Center for Regenerative Biology and Tissue E


バイオアソシエイツ株式会社ではライフサイエンス系ラボにおける「研究費の調達動向」および「各種バイオ 研究支援ツール(55 の製品カテゴリ)に対する導入意欲」について統計データをまとめました。

国内ライフサイエンス研究市場の最新動向をより深く理解するために必見の情報です。

詳細は調査概要(PDF)をダウンロードしてご確認ください。

お申し込み・お問合せはこちらから