websearch

切り抜き詳細

発行日時
2018-4-12 14:00
見出し
マイクロバイオームの個人差にヒト宿主の遺伝子は関与していないことが判明
リンクURL
マイクロバイオームの個人差にヒト宿主の遺伝子は関与していないことが判明への外部リンクマイクロバイオームの個人差にヒト宿主の遺伝子は関与していないことが判明への外部リンク
記事詳細
遺伝環境論争は、ヒトが腸内に持っている通常有益な細菌群、マイクロバイオーム(微生物叢)の構成にまで広がっている。研究に次ぐ研究でマイクロバイオームが私達の健康のほぼ全ての面に関わっていることが突き止められており、また、人それぞれに異なっているマイクロバイオームの構成が体重増加やその人の気分にまで関わっている可能性も示されている。一部のマイクロバイオーム研究者は、このような個人差は遺伝子の違いから始まっているのではないかとしているが、イスラエルのWeizmann Institute of Scienceで行われた大規模な研究はこの遺伝子説に反証しており、さらにマイクロバイオームと健康の間には私達


バイオアソシエイツ株式会社ではライフサイエンス系ラボにおける「研究費の調達動向」および「各種バイオ 研究支援ツール(55 の製品カテゴリ)に対する導入意欲」について統計データをまとめました。

国内ライフサイエンス研究市場の最新動向をより深く理解するために必見の情報です。

詳細は調査概要(PDF)をダウンロードしてご確認ください。

お申し込み・お問合せはこちらから